◆ジュエリーコーディネイト

    セレクトジュエリーショップMilegeのオーナーブログです。

    2017/09   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017/11

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「ネックレスを使ったブローチのつけ方 その1」 ではネックレスの金具を隠す
    ようにブローチを付ける方法をご紹介しました。

    ・・・当然そこで素朴な疑問が浮かんでくることでしょう。

    金具のないネックレスの場合はどうするのか、、、と。(!)

    そこで今回は金具のないぐるりと連になったパールネックレスとブローチの
    コラボレーションをご紹介・・・

    ブローチピンでは挟みきれない厚みをもつネックレスでの解決法です。



      



    まずリボンを準備、リボンをシンプルに2回結びます。

    リボンの長さはお任せです。

    短ければキュート、長ければエレガントな仕上がりになりますのでお好みで・・・


    id144-3-3.jpg


    結び目を裏側(自分の身体側)に回しておきます。

    ブローチを安定させるために結び目はなるべく平たく整えて裏側へ・・・


    id144-3-4.jpg


    リボンの上にブローチを付けましょう。


    id144-3-5.jpg


    リボンの色や素材を変えて楽しむも良し、結び方を変えて変化を付けるも良し。

    その時々の装いとの相性によってバリエーションが生まれますね!


    id144-3-6.jpg


    身近なものを利用して手持ちのジュエリーを最大限に活用したいものです。




    ※今回使用のロングネックレスとカメオブローチはMilege商品です

    ◆ ホワイト淡水パールロングネックレス   商品詳細はコチラ>>

    ◆ 英国カメオ(コマドリ)2WAYアール・ヌーヴォーブローチ   商品詳細はコチラ>>



    コーディネイトのヒント(Photo Gallery)>>




    右側のフォームよりお気軽にジュエリーに関するご質問をお送り下さい!
    「ジュエリーをより素敵に身につけたい・・・」
    Milegeがそのお役に立てればうれしく思います。





    スポンサーサイト

    被るだけでOKな長さのあるネックレスは重宝ではありますがコーディネイトが単調に
    なりがち・・・

    一方ブローチも襟元を飾るいつものスタイルでは何だか新鮮味がありませんよね?

    そこでブローチとネックレス双方にとって嬉しいコラボレーションをご紹介



      



    まずブローチを付ける位置を決め、ブローチの場所にネッ
    クレスの金具を合わせます。


    アジャスターのチェーンがある場合にはブローチ裏に隠れるように引き輪に集合させて
    おきましょう。


    id144-3-1.jpg


    金具を隠すようにブローチを留めます。

    ネックレスの連がブローチに対して垂直になるよう真っすぐ付けることがポイントです。


    id144-3-2.jpg


    ネックレスの一部になり得て、もはやブローチだってわからない?

    いいえ、ブローチだとわかった方がむしろおしゃれ上級者感が漂うというものでしょう?


    id144-3.jpg


    バリエーションを増やしてもっともっとジュエリーコーディネイトを楽しんでみては
    いかがでしょう?




    ※今回使用のロングネックレスとカメオブローチはMilege商品です

    ◆ ホワイト淡水パールロングネックレス   商品詳細はコチラ>>

    ◆ 英国カメオ(コマドリ)2WAYアール・ヌーヴォーブローチ   商品詳細はコチラ>>



    コーディネイトのヒント(Photo Gallery)>>




    右側のフォームよりお気軽にジュエリーに関するご質問をお送り下さい!
    「ジュエリーをより素敵に身につけたい・・・」
    Milegeがそのお役に立てればうれしく思います。






    ロングネックレスは長くも短くも使えてとても重宝するアイテムです。

    多少の重量を覚悟して・・・超ロングなネックレスを手に入れたら是非とも
    試してほしいボリュームアレンジをご紹介します。



      



    まず胸の高い位置でネックレスをひとむすびしましょう。

    これだけでもちょっとした工夫ではありますが、少々手あかのついた
    アレンジ・・・と言えなくもないですよね。。。


    DSC04751.jpg


    次に長手に下がっている部分をつまみ上げて下さい。

    もう何となくお分かりかと思いますが。


    DSC04755.jpg


    そのままつまみ上げた部分を首にかけましょう。

    あとはむすび目を平面的にあるいは立体的にお好みで整えます。


    DSC04757.jpg


    ロングネックレスのボリュームアレンジの出来上がり

    むすび目がチャームのように見えるところがポイントです。

    むすび目の位置によってはニ連部分の長さに微妙なズレが生じてまるで
    付け襟のように見えたり・・・


    id156-2.jpg


    長短だけでなくボリュームをも自在に加減できるロングネックレスの
    魅力は尽きません




    ※今回使用のロングネックレスはMilege商品です

    ◆ ブラウン淡水パールロングネックレス   商品詳細はコチラ>>

    コーディネイトのヒント(Photo Gallery)>>




    右側のフォームよりお気軽にジュエリーに関するご質問をお送り下さい!
    「ジュエリーをより素敵に身につけたい・・・」
    Milegeがそのお役に立てればうれしく思います。






    雑貨感覚で重宝しているブレスレットに思い切って別の役割を与えてみます。

    ブレスレットだからといって手首にだけとは限りません。

    工夫次第で他の役も演じることができるのに、私たちがその名によって役割を
    限定してしまっているだけなのです。

    自由に演じさせてみませんか?

    ブレスとしてではなく、ネックレスとして・・・



    id143-4.jpg



    雑貨感覚のカジュアルなブレスレットであれば、長さの不足分をわざわざチェーンで
    補う必要はありません。

    長めの紐を一本、左右それぞれの丸カンと引き輪に通すだけという手軽さでネックレス
    の出来上がり。

    リボン結びをたらせば、後姿も雰囲気ある仕上がりです。



    id143-6.jpg



    テニスブレスレットをネックレスにリフォームされたお客様にインスピレーションを得ました。

    実際は補うチェーンの長さによって、ブレスレットの連なりが下を向いてしまう(フェイス
    ダウン)という調整の難しさがありましたが、今回ご紹介のこの方法であれば紐は自分で
    調整可能な分失敗がありません。

    ちょうど良い長さでお使い下さい。



    id143-2.jpg



    リフォームのお代はいりません。

    もっと簡単に、もっと自由に・・・おしゃれを楽しみたいだけなのです♪





    ※写真のデルフトブレスレットはMilege商品です

    ◆ 英国デルフトブレスレット   商品詳細はコチラ>>

    コーディネイトのヒント(Photo Gallery)>>




    右側のフォームよりお気軽にジュエリーに関するご質問をお送り下さい!
    「ジュエリーをより素敵に身につけたい・・・」
    Milegeがそのお役に立てればうれしく思います。





    折しもトップスはインするスタイルに回帰してきております。

    ブラウスもカットソーもトレーナーもニット類でさえもスカートやパンツにイン
    する傾向にありますね。

    今までトップスの裾を外に出すことで、おしゃれ以上に体型カバーに役立て
    いたりして、、、インのスタイルに少なからず抵抗がある方もいらっしゃると
    思いますが(私も・・・)、潔さも必要です。

    手持ちのワードローブがほんのちょっとの変化でイマドキになるのですから・・・







    ブローチの出番はジャケットやブラウスの胸元を飾る時だけ・・・だとしたら
    もったいない!

    トップス・インの今だからこそ、ウエストマークに役立ててほしいのです。


    ca26.jpg


    シャツをインしたウエスト位置に、正面を外してブローチをバランス良く配して
    みました。

    バッグを肩から掛ける場合には邪魔にならない側に付けることをお忘れなく。

    ベルトがライン状のウエストマークに対してブローチはスポット的なウエストマーク
    ですので強調しすぎることもありません。


    ca26-1.jpg


    アシンメトリーなデザインのものであればセンターに配してもOK。


    id104-3.jpg


    ガチガチにアウターを着込む季節前・・・

    ブローチの活躍の場を広げつつ、人とはちょっと違ったおしゃれを楽しもうでは
    ありませんか。




    ※バラのブローチはMilege商品です

    ◆ 英国IVORY彫刻バラブローチ   商品詳細はコチラ>>
    (この度こちらの商品お値下げいたしました! \45,050 → \36,660)

    コーディネイトのヒント(Photo Gallery)>>




    右側のフォームよりお気軽にジュエリーに関するご質問をお送り下さい!
    「ジュエリーをより素敵に身につけたい・・・」
    Milegeがそのお役に立てればうれしく思います。






     | Copyright © アンティークの雰囲気が好き・・・ All rights reserved. |  Next

    まとめ / Template by パソコン 初心者ガイド
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。