寄せ絵デザイン

    セレクトジュエリーショップMilegeのオーナーブログです。

    2017/10   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017/12

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    盛七宝の技法を用いた作品を制作中です。

    盛七宝とはその名の通り、釉薬を盛って焼成する極めてシンプルな技法。

    そのシンプルさの中で釉薬を焼成順番ごとに違う色を重ねて、一色では
    表現できない新たな色味を作り出したり、より味わい深い色調を期待する
    といった、色の妙を楽しむことができます。





    今回はホーロー板を使った壁掛けを作っています。
    (最終的には額に入ります!)

    セラミックマーカーでデザインを描き、マーカー線の内側に釉薬を盛り
    つけました。
    マーカー線はあくまでも色分けの指標であって、仕切りの役割は果たして
    くれませんから、、、

    隣にはみ出ないように、
    隣の釉薬と混ざらないように、
    何よりもデザインとしてのマーカー線を埋没させないように、

    作業は丁寧に繊細に行わなくてななりません。。。


    一番差し(一度目の釉薬塗布で焼成)の出来ばえ
    盛1


    この後、二番差し、三番差し・・・と釉薬の盛り付け&焼成のステップを
    踏んでいきますが、目の色が入るのは三番差し、最終段階です。

    はデザイン中の動物たちに生命を吹き込む大切な要素です。

    だからこそ、一番最後に入れるのです・・・





    さて今回取り組んでいる動物たちのデザインは、Milegeのロゴを手がけて
    下さった松山絹子さんの「寄せ絵」コレクションから使わせていただきました。

    私の中からは絶対に生みだすことのできないこのイラストレーションに
    とても魅力を感じています。

    そして、技法をマスターしたら是非とも有線七宝で扱ってみたいデザイン
    として目をつけています・・・








    関連記事
    この記事へのコメント
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    この記事のトラックバックURL
    http://milege.blog76.fc2.com/tb.php/174-0051390e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

     | Copyright © アンティークの雰囲気が好き・・・ All rights reserved. | 

    まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。