それぞれのシンプル

    セレクトジュエリーショップMilegeのオーナーブログです。

    2017/09   12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017/11

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。



    明けましておめでとうごさいます。

    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





    皆さま良いお年をお迎えですか?

    カレンダーの並びが良かった去年、一昨年に比べて年末年始のお休みが短かった
    今年・・・

    あっという間に普段の生活が戻ってまいりましたが 「あっという間に1月も終わり
    ・・・」(!)などということのないよう気を引き締めて一日一日を過ごしたいですね。







    以前 This is オリーブグリーン の記事でご紹介したペリドットのルースを使って
    現在リングを制作中です。

    ペリドットの大きさを活かして存在感がありながらもシンプルなリングを、、、と思い
    制作しておりますが、やっと形を成してきましたのでまだ石留めはしておりませんが
    チラっとお披露目を。。。

    堂々とした佇まいでフォークロアな雰囲気も漂います。



    peridotring0.jpg




    娘に見せてみると、これで出来上がりでよいと言います。

    「石の美しさを見せたいのならシンプルなデザインで!」 とはルースを見せた
    時に娘が私にくれたアドバイスでした。







    シンプルさとは難しい課題です。

    それはシンプルという言葉に含まれた基準が人によって様々だからです。

    一切の装飾を排したツルッツルのむき身的デサインだけがシンプルと呼ぶに
    ふさわしいのでしょうか。

    モチーフの単純化によって施される装飾も過多になりすぎなければシンプルの
    呼び名に入れてあげてもよいでしょうか。

    以前 「これシンプルね、気に入ったわ」 とお客様がお選びになったそのリング
    は私の感覚ではシンプルカテゴリーには入らないデザインだったので一瞬
    驚いたことを覚えています。

    優美な曲線を多用した個性的なデザインリングでしたが、お話しを伺って、大きな
    石を用いていない点において、お客様基準の「シンプル」をクリアしたものだったと
    分かりました。

    娘のシンプルに合わせたいわけでも、万人にシンプルと認めさせたいわけでも
    ありません。

    ただ自分の中の「シンプル」に共鳴する作品を作りたいだけ・・・







    これから控えめな装飾をもってこのペリドットに華を添えたいと思っています。

    それでも私の中では充分シンプルと呼べる作品なのです。






    関連記事
    この記事へのコメント
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    この記事のトラックバックURL
    http://milege.blog76.fc2.com/tb.php/273-2a0121d6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック

     | Copyright © アンティークの雰囲気が好き・・・ All rights reserved. | 

    まとめ  / Template by パソコン 初心者ガイド
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。